ZAQがHPスペースを閉鎖するので、
http://www.kcc.zaq.ne.jp/myfairtravels/
からの引越しを余儀なくされ、こちらに移転しました。

まったく、そのまま、転載することも考えましたが、諸事情により無理なところもあったので、ちょこちょこ修正することにしました。

それに伴い、記事内のリンクなども、極力、2016年現在、使われているアドレスへと張り替えましたので、イライラはちょっとマシになったのではないか、と思います。

古い記事だと、写真を、もう紛失していたりして、文字だけのものもありますが、順次、手をいれていければ、と思っております。
ホテルの記事などには、ホテルサイトから、現在のを拝借したりもしていますので、違和感のあるところもあるかもしれませんが、どうぞお許しくださいませ。

以下はZAQ掲載時の「挨拶」です
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
世は HP 全盛である。幸か不幸か、父のお下がりのパソコンには、ホゥムペイジ作成ソフトも、画像処理ソフトも入ってた。ふむ、今までの、とほほな旅行のテンマツや、仕事で得たキチョーな知識を書いてみるのも、イイかもしれない。

というわけで、旅行記を作り出した… のだが、友人の読後感想が、「なんじゃこりゃ?食いもんの話ばっかり!」「 コンなんものは旅行記とは言わぬ、旅食記とすべし」 だった。

えええっ! こんなに端折ったのにっ?と衝撃を受けた私は、旅行記に修正すべく、一応は添削を試みた。が、ちっともはかどらない。そもそも興味がそっちに偏っているんだから仕方ない。学術論文でもあるまいし、と旅行記ならぬ、旅食記で開き直ることにした。
傾向と対策

甘辛い味付けは好きじゃないので、スキヤキは苦手。お米が甘いので、寿司もイマイチ。普通のごはんと刺身”の組み合わせは好きなんだけどなぁ~。

ケーキ教室には 10年以上通ったくらいのお菓子好きなので、和食独特の甘味が苦手なだけなのだが、日本人には珍しいタイプなのかも。

こんな嗜好のせいか、食事つきツアーの半分くらいは「食べたくない」品目であることが多く、ツアーより自分で組むほうがいいなぁ、と切実に考えてしまう理由のひとつ。

パンフレットに、「このあたりで懐かしい和食です」とか書いてあると、それだけで退いちゃうのは、やっぱりヘンだろうか?

特に好きなのは、ローストやグリル料理。スモークサーモンなどの燻製類も大好き。

果物はベリー類。日本ではとにかく高いから、海外に行くと、つい買い込んでしまう。

ジュースも海外では100%生果汁が多いので、それも嬉しい。

和献立にだって好きなものはもちろんある。

「おひたし」はサラダより優秀な野菜調理法だと思うし、大概の和食はあっさりと健康的で、美味しいと思う。

自分で味を付けられるなら、煮きり味醂か蜂蜜を使い、甘辛い味も、食べられるよう調理出来るので、家ではフツウに和惣菜を食べているので、ご心配なく?

仕事としては、結構長いことインテリアコーディネーターと名乗って仕事をして来た。

インテリアという仕事柄、金太郎飴的なアメリカ式の画一的なホテルより、一味違うタイプの部屋を見てみたい、という誘惑が強い。

ゆえにホテル自体が旅の目的になったりする。

勢い、個人で手配しなければならず、疲れる事態にでくわす事も多いが、とりあえず部屋指定が可能なのが一分の利かな。

この頃はツアーにもホテルメインなのが出てきて、超高級ホテルも「皆で泊まれば怖くない」の面もあるので、これは無くしてほしくない分野ではある。

おおよそ、こんなところが旅食記作者の背景と言えるでしょうか。

このような、つたないページに、縁あってお越し下さり、御拝読戴きました皆様には、 心よりお礼申し上げる次第でございます。

今後とも、どうぞ宜しくお見知りおき下さいませ。

My Fair Travels 旅食記作者 拝